2011年05月28日

全身を「運動」によって痩身する方法

(2)全身を「運動」で痩身する方法


食事制限で痩身する場合は、摂取カロリーを下回ることで足りない分のカロリーを脂肪などを燃焼することで痩せるのが目的でしたね!



「運動」の場合は、摂取カロリーと代謝のカロリーのバランスを帰ることが目的です。
「食事制限」が摂取カロリーを減らすのに対して「運動は」代謝カロリーを増やすことで痩せるのが目的です。



ダイエットのための運動にはいろいろなものがあります。


@ヨガ

Aジョギング

B加圧トレーニング

Cストレッチ

Dエアロビッくス

Eウオーキング

F筋力トレーニング



これらも細かく分けるとたくさんの運動によるダイエット法があります。


「運動系」のダイエットに取り組む人は「食事制限」のダイエットよりも痩せたいと言う意識が高いと思います。


それに加えて「健康志向」も高い傾向にあると思います。



食事制限の方がやりやすいのは、毎日食事は必ずするので、その度に少しダイエットを意識すればいいのですが運動は自分で意識して行わなければならないので継続が大変だからです。

もちろん、
食事の制限をしながら運動もしている人も多いと思います。



ダイエット法には、いろいろありますが、代表的なこれら2つの方法を用いる人を大きく分けると


(1)食事の制限だけとしている人

(2)運動だけをしている人

(3)食事制限しながら運動をしている人



にわかれますが、当然(3)の人が一番痩せたい人ですね。


posted by nonbye at 10:11| 美容の第一歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ダイエットで全身を痩身する:食事制限

@ダイエットで全身を痩身する方法


全身が痩せてスリムな体型になる方法は、4つ在ります。


(1)食事を制限する
(2)運動をして痩せる
(3)マッサージによる方法
(4)美容整形


それぞれの方法を順番に見て行きましょう。



(1)食事制限で痩せる


これは、ダイエットの代名詞と言えるとおもいます。
摂取するカロリーを使うカロリーよりも下回るようにすることです。
身体は足りない分を脂肪を燃焼しますので体脂肪は減っていきます。


それを目指して、摂取カロリーを減らすのが食事制限によるダイエットです。
食事制限によるダイエットは、減らし方で4つのタイプに分けられます。




◎摂取する食品を制限する方法

 ・チョコレートやお酒など、食品の種類を指定してそれを取らないようにする。

◎摂取すりカロリーを制限する

 ・摂取する食事の総カロリーを計算して、一定のカロリーをとるようにする。

◎カロリーの低いダイエット食品を摂取する


 ・普段の食事をダイエット食品に置き換えることで、摂取カロリーを減らす。


◎サプリメントなどで体脂肪を燃焼させる効果のある成分の入ったサプリメントを摂取する


これらの方法を単独、もしくは複数組み合わせてダイエットにトライする人が多いようです。
運動がつらい、お金をかけたくない・・という女性はこの方法がいいようです。


すべデイのダイエットで言えることは、「継続」と「リバウンド」です。

どのダイエットほうも毛kkを出すためにはある程度の「継続」が必要です。
これが出来なくて挫折する人が多いのは言うまでもありませんね。



それから、もう一つは「リバウンド」です。

これは、努力の末に痩せることが出来た人にとってはとても辛いことですが実際はかなりおきやすいことです。
痩せてしまうと安心して、今まで継続してきたことを徐々にしなくなってしまう場合と、身体の反動的な反応で元に戻ってしまうか、
もとより太ってしまう場合があります。



posted by nonbye at 14:24| 全身を痩身する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに美容の基礎知識をまなんでおく

こんにちは!「美容の第一歩・ダイエット教室」へお出でいただきまして有難うございます。


美容に関する基礎知識や美容業界の動向を基本に美容界のさまざまな情報を提供致します。楽しみにしていてください。


わたしは、美容に関する情報や話題が大好きで、自分でスキンケアアイテムやメイクアップアイテムを試したりしています。
もとは、健康オタクだったこともありまして無添加系のコスメにかなり傾倒していました。


次から次へと新しいヒット商品が生まれて来る美容界で「知識」や「センス」を吸収してポイントをおさえることできれいになることが出来ます。

きれいになることが大好きな方に読んでいただければ幸いです。
今後とも、よろしくお願いいたします。


◇ 美容における女性の心理について


ご存知のように美容と言ってもさまざまなジャンルがありますね。


まず、大まかにわけてみました。


@ スキンケア

A メイクアップ

B ヘアケア

C ボデーケアー

D ダイエット



だいたい5つでしょうか?



この中で、優先順位をつけるとしたら、みなさんは真っ先にどれを思い浮かべますか?


わたしだったら

お肌が荒れていて、メイクの仕方がわからなくて、髪が痛んでいて、身体がざらざらでこぼこしていて太っている女性がいたとしたら
彼女は、まず、何から解決したいと思うでしょうか?


まず、髪の毛は二の次ではないでしょうか。
他のすべてのことを差し置いても、一番は髪の毛を健康にしたいと思う女性はいないのではないかと思います。


身体のザラザラ(肌が荒れている)やでもぼこ(セルライト)も服を着れば隠れてしまいます。


メイクの仕方がわからない?!・・・メイクの前に、問題は肌あれです。



最後は、肌あれと肥満です。

これは、考えなくてもお分かりですね。



正解は、太っていること!




女性は、ます、これを解決したいのです。


ダイエット商品がいつの世かならず売れ続けることは周知の事実です。


世界的に見ても、女性の「痩せたい」と言う心理はどこの国でも強烈です。

男性の想像以上に女性はとにかく「痩せたい」と思っている人がたくさんいるのです。


海外では、ファッションモデルが細すぎることが、この「痩せたい願望」を引き起こす原因だとされ、細すぎるファッションモデルをつかうな!と言う動きが丹生酢になったこともあるほどです。


未だにファッションモデルは、まるでバービー人形です。


日本でも人気のハリウッド女優、キーラ・ナイトレイさんが「痩せすぎていて不健康、女性の過剰なダイエットを促す存在」として批判を受けたことに対して、本人は「わたしはとても健康です」と講義したことがありました。


ここまで来ると「痩せている女性にあこがれること」は、美容の一環たと言えるようです。


それをやめてしまうと、どんどん醜くなってしまうと言う気がしてしまうわけです。


「痩せたいと言う欲望のテンションだけは、絶対におとしたくない」と言う心理が働いていてそこかでストイックでいないと美にかかわる何が大切なものを失ってしまうと言う感覚が働いているようです。
posted by nonbye at 12:57| Comment(0) | 美容の第一歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。